マウスペイント直し【07】

もう、これが限界のようです。
今回発生した費用は0円です。

アイペイントの基本は文字通り目です。目は口ほどにものを言うわけですが、アイペイントでは逆に、口を書き直すだけで、雰囲気がガラリと変わります。見た目的には、単なる細い線なのですが、口元が下がっているのか、上がっているのか、ほんの少し変えるだけで全く違う印象を与えます。飾る都合上、ツンとした表情も好きですが、やっぱり笑顔の方が好みです。

本当は口を開けた状態を描こうと思ったのですが、かなり難しいです。当然口の中の赤みを付けないといけないのですが、丁寧に薄く塗らないと、たぶん血を吐いている感じになってしまいます。次回があるならば挑戦してみたいものです。口などの細い線に関しては、つまようじではなく、縫い針などの、もっと細いものを用いた方が良さそうです。

ドールヘアは触れば触るほど、型崩れが激しくなります。メンテ方法が不明なので、実は無理やり人間用のムースで固めてしまっています。本来はウィッグに極力触れるべきものでは無いようです。高い勉強代だったとしましょう。とはいえ、縦ロールなんか、やっぱり憧れてしまうもので、ドールヘアに関しても少しづつ挑戦してみたいですね。


関連記事
スポンサーサイト
Category: オリジナルドール(アイペイント)
Published on: Sun,  06 2016 19:03
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment