続、アイペイント【02】

結局、自分なりのやり方で塗ってます。
今回発生した費用は500円です。

最初は他のサイト様のアイペイント方法を見習って、薄い色から濃い色へ少しづつ色を重ねていたのですが、どれぐらい濃い色で重ねたら良いのか分からなくなり、しびれを切らした頃に一気に黒くなってしまいました。他のドールの瞳は、もっと細い線で描かれているのですが、正直手本みたいに塗ることは出来ませんでした。絵具が滲んで、筆で細い線なんて書けません。

重ねていくにつれて太くなる線に心が折れそうになりながら、「細く線が描けないなら、逆に太くしてしまえば良いではないか」と何を考えたのか、逆転の発想をした私は、マツゲを太くしてみました。どんどん、どんどん変になっていく顔に愕然としながら、格闘すること1時間、他のフィギュアではあまり見ないアイになってしまいましたね。これも醍醐味だと思って下さい(泣)。

他のサイトでは筆を使って描いていましたが、「つまようじ」を使うことをお勧めします。細かい部分に色を乗せることができます。それと同時に「つまようじ」ではみ出た色の部分を削れば、何とか細い線を真似することが出来ます。色が取れない場合は、薄め液を少量含ませてから削ると取れやすいですが、液が滲むと余計な部分まで消えてしまうかもしれないため、使用には注意が必要です。

次回は瞳を塗っていきますが、一体どうなることやら……。心が折れていなければ、続く、かな?

【使用素材】
絵具(茶と黒) 300円
筆 200円


関連記事
スポンサーサイト
Category: オリジナルドール(アイペイント)
Published on: Thu,  25 2016 19:04
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment