低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

性は生でもある。

2020/10/06
未分類 2
エロから離れて、感じること。
今回の主題は「やっぱりエロがあったからこそ、きっと続けてこれたのだと思う」です。

ドールに性を求めること、それは生を求めるのと同義です。無機物に基本的には性的欲求を感じることはありません。しかし無機物の中に有機物を感じさせること、つまり性を感じさせることで、そこに息遣いが生まれるわけです。久しぶりに性を意識した写真を作るのは、やはり楽しいものだとは思います。

ただ、いつも良い絵ができるわけではないので、やはり性を求めるのであれば、泥臭く生きていくことが大切ですね。


IMG_0028_R.jpg
IMG_0034_R.jpg
IMG_0026_R.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

まめ

ドールは恋人

ドールをただのお人形として捉えているならここまでヌードや
ゴム持たせてエロいシチュとか拘らないでしょうw
さつきさんはドールに触れた時から性を感じでしまったんですね^_^
男性ドーラーのドール性愛者はかなり多いので
ドール=女と扱うのは常識と言っても過言はないでしょうね。

2020/10/06 (Tue) 14:18
さつき

さつき

Re: ドールは恋人

1/6ドールの時はそんなに感じませでしたが、1/3ドールの時は性的興奮を感じていたのかもしれません。
ただし上手く撮影できないと気分は出ませんので、そこが難しいところですね。
ドールを女として扱うというより、自分の手でドールを自分の女にする感じです。
実際の女として扱うなら、こんな変態な写真は撮れませんからね。
無機物であるドールを自分で有機物の女性まで昇華するところが面白い点です。

2020/10/07 (Wed) 06:38
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
未分類