低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

よその子と触れ合う意味

2020/08/24
未分類 2
自分の子の特長を改めて知る機会でもあります。
今回の主題は「3歳の子供の体力についていけない」です。

週末は知り合いの子供と自分の子供を遊ばせていたのですが、もはや体力的についていくことが出来ないことを実感します。ボールプール等であれほど動いていたにも関わらず、ケロッとしている部分に、体力の衰えを感じます。そんな時、よその子を抱える機会もありました。以外に自分の子以外を抱えるというのは、なかなか無いのですが、やはり三歳とはいえ、個性があることが分かります。

そんなよその子と触れ合う経験を通じて、初めて自分の子の特長を知る事が出来る。それはドールであっても同じではないでしょうか。


IMG_0005_R_20200824061219935.jpg
IMG_0004_R_20200824061218b27.jpg
IMG_0002_R_202008240612174a7.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

まめ

オッパイ剣士

こういうエロティックな芝居とかあったら面白いですねw
妄想を再現出来る。これもドールの魅力の一つですね。

リアルの小さな子と遊ぶのは疲れます。最初は良いのですが長時間に
なると構ってあげるのがだんだん億劫になってきます。
3歳児にもなるとヤンチャになってくる頃ですから目も離せませんしね^_^;

2020/08/24 (Mon) 06:35
さつき

さつき

Re: オッパイ剣士

巫女さんとか、神聖なものとエロの掛け合わせというのは、やっぱり良いものですね。

三歳ぐらいになると、一人で遊ぶようになるのは良いのですが、基本的には見ておかないといけないのが大変です。休日は二人で遊びにいったりするので、なかなか安定してドール撮影出来ないのは、仕方ないですかね。

2020/08/25 (Tue) 06:37
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
未分類