ドール改造記【07】:23cmボディ

個人的に23cmボディはお勧めです。
今回の主題は「軟質ボディを使おう」です。

21cmボディは硬質ボディ一択ですが、23cm以上になると、胸がやわらか素材の軟質ボディを選択することができます。使ってみてのメリット、デメリットは下記の通りです。

≪軟質ボディのメリット≫
・胸のサイズが選べる(S・M・Lサイズの3種)
・女性らしいシルエット
・首部分も軟質なので、改造ヘッドが固定しやすい
・胴体の露出部分の見た目が良い
・胸部分の肌触りが良い←【注意】管理人のみ
≪軟質ボディのデメリット≫
・硬質ボディに比べて、金額が高い
・服によっては、軟質部分に色が移ってしまう

ブログ的には安価な21cmをお勧めするところですが、ボディに関しては23cmソフトボディを推奨します。ボディは長く使えるので、良いものを購入しましょう。基本的に100均服も着用可能です。またピュアニーモ用の服も着用できる可能性が一番高いです。ただ1/6ドールとしては小さいので、下着などを探すのは難しいかも知れません。ちなみにヘッドの穴のサイズは21cmと共通で、8,0mm穴の大きさで着脱することができます。


関連記事
スポンサーサイト
Category: ハナヤマタ
Published on: Fri,  05 2016 18:48
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment