ドール撮影のコツは「長方形を対角を使え」

  15, 2019 06:35
律儀に縦を正しく使う必要はありません。
今回の主題は「長方形の対角が最も長い」です。

撮影時には対角を使うようにしましょう。もっとも対角が長さを取ることが出来るため、普段よりも多めの情報量を入れることが出来ます。普通に縦に使うにしても、「C構図」を意識してみましょう。Cの形を意識してポージングを取らせると、普通に縦に撮影するよりも、やはり多くの情報を入れることが出来ます。

もっとも長さを稼げる方法を意識すると、より躍動感のある絵にすることが出来ます。


ss-IMG_8252.jpg
ss-IMG_8251.jpg
ss-IMG_8248.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?