ポージングに困ったら『寝て』しまおう。

  13, 2019 08:22
立ちポーズは、何かと限界があります。
今回の主題は「スタンドを使うよりも簡単」です。

ドール撮影において、どうしても立ちポーズを優先してしまうものです。なぜなら立ちポーズでディスプレイすることが多い為です。しかし撮影においては、立ちポーズは何かと不自由だったりします。立ちポーズは立つことを求められるがゆえに、足を地につける必要があります。さらに重力の支配化にあるため、衣装はどうしても地面の方向に垂れてしまいます。ドールスタンドを使う手もありますが、そうするとドールスタンドが絵的に邪魔になってきます。立ちポーズは多くの制約がかかってくるのです。

しかし寝ることによって制約を取り除くことが出来ます。重力から解放されているため、衣装のレイアウトは容易になり、寝ていることによりドール本体のバランスを気にすることはありません。後はオーナー自身が立ちあがり、上から撮影してあげれば良いわけです。

ドール撮影が苦手な方は是非ドールを寝かせてみましょう。背景布など用意出来ない場合は、布団の上に、大きめの白い布を敷くだけで立派な撮影ブースが出来上がります。準備や片づけも比較的容易ですので、あとはストロボを使えば、思い描く絵が作れるのではないでしょうか。


s-IMG_7907.jpg
s-IMG_7902.jpg
s-IMG_7896.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?