君は、この変態についてこれるか?

  15, 2019 09:09
可能性は自分の中にある。
今回の主題は「自分本位であれ」です。

一年以上同じ子を撮影し続けてくると、さすがにネタも尽きてきます。そうなると、どうなるか。撮影から離れてしまうわけです。それは趣味の終焉を知らせてくるわけです。「かわいい」「かっこいい」というポジティブな絵は、実のところ承認欲求とも繋がっている部分があります。「いいね」を貰いたいがゆえに撮影をする。そうすると、いつか自分の内側からの欲求が消えていってしまいます。そもそも「自分が楽しいから」「自分が良いと思うから」というのが始まりであって、承認されたいから始めたわけではないのです。

なら、「いいね」の数を気にすることなく、自分の心の声を聴いて、素直に実行する。自分自身とファインダー越しに見つめあうわけです。そこに自分の心の姿が映し出されているはずです。写真は自分以外を映し出すものですが、自分自身の視点でもあるわけです。

たまには体裁を気にすることなく、偽りなく自分の心の声を聴いてみましょうね。


s-IMG_7597.jpg
s-IMG_7596.jpg
s-IMG_7594.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?