貝×粘液=面倒くさい

  02, 2019 23:10
途中で投げ出したくなりますね。
今回の主題は「多少の犠牲はツキモノ」です。

当たり前ですが、粘液が一番厄介です。正直拭き取れば何も問題はないのですが、それでも面倒であることは変わりありません。その面倒くささに見合う絵が撮影出来ているのかと言われば、疑問符なわけです。こういう感じの絵を作っていると、とある成人ゲームを思い出してしまいます。きっと、そういう場面を再現したい欲求が、自分の中にあったのは否定できない事実というわけです。

ただ、こういう絵ですが、表情を変えることのないドールにとっては非常に難しかったりします。一応口元を隠して表情を少しでもデフォルトから変えるようにはしています。本当はアイを変えたりすると、もう少し驚いた感じに仕上げることが出来そうですが、結局アイを交換するのも手間がかかるわけです。

ただ、アイ袋のあるヘッドなので、それぐらいしろと思う反面、アイ袋の無いタイプだとグルーガンで止めているわけで、大変さを思ってしまいます。アイの目線とかを気軽に変えることが出来ればよいのですが、あまり動き過ぎると元に戻すのが面倒で、結局二律背反というもの、でしょうね。


s-IMG_7455.jpg
s-IMG_7450.jpg
s-IMG_7444.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?