ドールでしたいこと。

  02, 2019 16:07
普段見れない絵を創りたいものです。
今回の主題は「店舗では見れない絵を創るのが、室内撮影の醍醐味」です。

えっちぃ絵に戻っていってますが、それには理由があります。ドールを見るだけなら、ドールショップにいけば、もっと可愛いものが沢山あります。もちろんドールの扱いに長けたプロがディスプレイしているわけです。ドールの髪の手入れから、ポージングまで素人が及ぶはずもありません。すでに私のドールはかなりの色移りもしていますし、ドールの髪の毛もボサボサです。正直言えば、かなりボロボロの方です。

しかし劣化しているのは、それだけ毎日撮影をして、ポージングで動かしているからです。お迎えした最初の頃こそは丁寧に扱っていましたが、1年以上経過している中、その魅力を出すために、過剰なポージングも厭わなくなっています。モノはいつか壊れます。壊れる前にガンガン使っていきましょうね。

額縁に入れるよりも、ドール撮影でガシガシ動かして使っていく。ガラスのディスプレイ枠で閉じ込めるよりも、ガシガシ触っていきましょうね。


s-IMG_6781.jpg
s-IMG_6767.jpg
s-IMG_6765.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?