構図で出来が決まるドール写真。

  26, 2019 22:32
撮影のポイントは、全体像を映さないです。
今回の主題は「映したいものを強調しよう」です。

ドール写真で気を付けていることは、証明写真にならないことです。ポーズや構図を工夫していないと、どうしても証明写真っぽくなってしまいます。それはそれで可愛いのですが、撮影を楽しむには不十分です。そこでどうするかというと、思い切ってズームして、自分の見せたいものだけを中心に撮影することをしています。

本来ドールの全体像が入るように撮影したくなります。しかしダイナミックな構図を得るには、捨てなければいけない部分も出てくるのです。逆に全身像を捨てることで、見せたいものを強調することが出来ます。太股を見せるなら、足が全部入らなくても良いのです。顔が少し隠れていても良いのです。見せないことで想像の幅が出ることもありますし、それだけ情報が絞られれば、見せたいものが、より明確に見えてくるものです。

まずは全身を撮影しなければならないという概念を捨てることが一歩ではないでしょうか。


s-IMG_5098.jpg
s-IMG_5108.jpg
s-IMG_5103.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?