作ってみたいキャラクター:コーデリア

色を塗ろうかとも思いましたが、諦めました。今回の主題は「絵を描き始めたきっかけは、やっぱり低価格に楽しむためだった」です。アニメオタクな人でイラストを描くことの出来る人は存外に多いのではないでしょうか。私の場合、二次元に溺れてから「なんとか自分でも描けないものだろうか」と思い、自己流でイラストを見ながら描いてきました。ただ漫画を描きたいと思ったことはありません。かわいいイラストを見たいという願望が...

アイドール戦利品紹介

お金を使うべきタイミングは使った方が後悔無いということです。今回発生した費用は300円です。前回のアイドール名古屋からの戦利品です。4点入って1,000円の福袋セットの中に同封されていたワンピースとなります。たぶん売れ残りを在庫処分として出されていたものだと思いますが、そういうセットはかなりお得ですね。透明な袋に入っていたので、中身は見ることが出来ました。絵柄は違えど、少し似たものが多かったので1個しか買...

改造前フィギュア紹介:マルチ

改造をさぼっていたわけではありません。今回発生した費用は300円です。美少女ロボットの元祖、マルチさんの登場です。キャラ原作は非常に古いものの、『ドジっ子』というテンプレートを作ったのは彼女だと言っても過言ではありません。今や正直シナリオはあまり覚えていませんが、ロボットと人の境で思い悩む主人公というテンプレートは他の作品にも大きな影響を与えたと思われます(『ちょびっつ』等)。堀江由衣さんが一躍有...

作ってみたいキャラクター:グレーテル

前回少し触れた「おとぎ銃士 赤ずきん」からの出展です。今回の主題は「赤ずきんよりもグレーテル派でした」です。この作品は子供向けとはいえ、キャラクターデザインが個人的にツボでした。田村ゆかりさんの演じたキャラ的には、「なのは」に負けていないと感じています。オープニング曲も優秀で、今もなお耳に残っています。そんなメインヒロインを差し置いて、私の心の中に残っているのは、このツインテール娘「グレーテル」で...

上アングルからの撮影:高町なのは

この衣装に対しては「なのは」が一番似合います。今回発生した費用は0円です。正面からのアングルも飽きてきたので、上からのアングルで撮影してみました。正面よりもポーズが難しく、イメージ通りとはいかなかった感じがします。予約投稿のため、時間差が出来ていますが、アイドール名古屋後のタイミングであり、この衣装はなかなか気に入っています。ローラースケートと縞柄の靴下の相性も良く、子供的な可愛さがあります。元気...

おっぱい撮影へ挑戦3:フェイト・テスタロッサ

綺麗な写真には、まず綺麗なおっぱいを。今回発生した費用は1,600円です。新ボディ導入です。DDでお馴染みのボークス製の1/6サイズ素体です。名古屋のボークスでは基本的に1/3サイズが売りのため、1/6サイズはそのうち撤去されるのではないかと思うほどコーナーが小さいです。そんな小さいコーナーで、あまりアゾンやオビツに比べると知名度の低い1/6サイズボディですが、思うほど悪くありません。体のラインはオビツ...

作ってみたいキャラクター:レイン

声優の後藤邑子さんといえば、この作品が一番と断言します。今回の主題は「『ふしぎ星のふたご姫』はプリキュアより好きでした」です。プリキュアが全盛期の中、裏番組にあたる枠で放送されていたのがこの作品です。後藤さんのボイスが遺憾なく楽しむことの出来る唯一の作品でしたね。内容もコミカルで、くるくる動く作画も良好でした。色々な場所を巡るシナリオだったと思いますが、アニメ「ヤット安心宇宙旅行」的なノリは好きで...

作ってみたいキャラクター:早川ミユキ

もし、このキャラクターを知っていた人がいたら、友達になりましょう。今回の主題は「あえて絶対知らないキャラを紹介してみた」です。世は世紀末。その道に入った頃、高校生の私を取り巻く環境は、「葉っぱ(現:アクアプラス)」と「鍵っ子(現:Key)」が二分する天下分け目の世界でした。所説あるものの、その二強が台頭する前には、美少女ゲームにはエロしかありませんでした。そんな中、リーフは「恋愛要素」を、keyは「泣き...

タブレットPC紹介記【05】:Wifi対応SDカードの活用

「今更何を…」と言われるかもしれませんが。今回の主題は「宅撮り派の人は、ぜひWifi対応SDカードを使ってみよう」です。新しいタブレットはSDカードスロットがあるものの、保護カバーに覆われた場所に位置してました。抜き差しするには毎回カバーを開ける必要があり、何度もする作業なので壊れてしまうことが想定されました。そもそも前回のタブレットの破損原因もSDカードの抜き差しの頻度の多さに起因していた可能性もあります...

タブレットPC紹介記【04】:フルUSB端子の利便性

たとえ重量が重たくなっても付けておきたい機能があります。今回の主題は「フルUSB端子のある機種を選びましょう」です。個人的に前回のタブレットよりも最も利便性が上がったのが、「フルサイズのUSB端子の実装」です。前回の機種でもマイクロUSB端子はあり、変換コネクタを使えば、フルサイズのUSBも使うことが出来るのですが、この変換コネクタを持ち歩くのが存外に面倒だったりします。ウインドウズタブレットはそれだけで一式...