質感アップ?:暁美ほむら

カラーバランスの変更による実験です。今回発生した費用は0円です。前回紹介した写真に対して、カラーバランスを大胆に調整してみました。方法は以前も紹介した「ウインドウズ10」に標準付属しているフォトビューアの編集機能を活用しました。最初に背景の照りを消すために、「効果」の「ふちどり」で暗さを100%に変更。その後、「ライト」の「明るさ」「コントラスト」「ハイライト」等をオーバー気味に弄ってみました。好みも...

バズーカーとほむほむ:暁美ほむら

武器といえばガンプラですね。今回発生した費用は0円です。1/6ドールの利点の一つに、活用できる小物が多いことが挙げられます。1/3ドール用のものを探すのは専門店ぐらいしかありませんが、小さいがゆえに、ガンプラ小物がサイズ的に良く合います。最近は武器だけも購入できますのでお勧めします。ペイントなどが出来れば、よりリアルになると思うのですが、当方では腕がないので素組+シールだけです。魔法少女らしからぬ...

ほむほむ再び:暁美ほむら

黒背景に映えるのは白ドレスということで。今回発生した費用は0円です。髪の躍動感のため、このフィギュアはやっぱりガンダムチックなポーズが似合います。スカートの動きが、より一層ポーズを際立たせてくれます。アクションフィギュアは往々にして、スカートにより動きが制限されてしまうことがありますが、布の服だと可動性を妨げることなく、ポーズを取らせることが出来ます。黒の背景は、はっきり被写体が映る反面、被写体の...

黒色の背景:シノン

今回は改造しないフィギュア紹介です。発生した費用は500円です。前回ほむほむに持たせていたライフルの持ち主です。ドールへの改造を目的に購入したのですが、ライフルのせいか、それとも台座のせいか、箱の割にはフィギュアが小さく、この大きさでドールへの改造はさすがに合わないため、却下となりました。それでもライフルや台座は何かに使えると思います。黒の背景を使ってみました。まず写真を撮って思ったのですが、露出補...

大理石模様背景:クロエ・ルメール

新撮影ブースになって初めての撮影です。今回発生した費用は0円です。大理石模様は前回空気やら皺がひどかったので、張替えをしました。板自体が凸凹なのである程度は仕方ないのですが、見れる程度にはなったのではないでしょうか。蛍光灯ライトが1個増えていますので、わずかな傷でもよく映るようになりました。その分、写真を撮る側の技術がいる感じがします。ホワイトバランスやらISO感度やら露出補正など、少しずつ変えて、...

撮影ブース新調しました:鹿目まどか

今回発生した費用は撮影ブース一式をゼロから作った場合の合計金額となります。撮影ブース一式で発生した費用は6,300円です(道具費用は抜きです)。ブログを始めたときは、白い画用紙2枚(背景用と地面用)だけで撮影していました。そこからライトやら台座が追加され、今回写真のようになりました。フレキシブルライトを正面に、左右からクリップライトで光を追加しています。クリップライトに付属していたライトがフィラメント...

ライトのこと:鹿目まどか

新しい撮影ブースは難しいです。今回発生した費用は0円です。背景が変わることによって、光の色が強調され、赤みが背景に映ってしまいます。味があるといえば、それまでですが、やっぱり少し気になるところです。ライトを使わないか、もしくは電球を交換するか、ということになります。また電気屋で探す必要がありそうです。背景に布を使っている理由がよくわかりました。布でないと、背景から光が乱反射してしまう感じです。画質...

中二病でも巨乳:小鳥遊六花

背景を変えてみました。今回発生した費用は0円です。今までレンガ模様を使用していましたが、大理石模様に変えてみました。100円のデコレーションシールを活用していますが、シールが大きいため、上手に貼ることが出来ませんでした。少し後ろで空気が入っているのが見て取れます。レンガ模様だと、ある程度写真の腕を誤魔化すことができたのですが、背景がシンプルだと、なかなかフィギュアを綺麗に取ることが出来ませんね。や...

中二病でも下着姿:小鳥遊六花

27センチオビツボディ版、つまり巨乳版です。今回発生した費用は0円です。27センチオビツボディの唯一の利点は、その体のラインの美しさと、巨乳もとい爆乳です。他のサイズに比べると圧倒的なボリューム感は魅力の一つです。魔改造を気軽に行いたい方にはお勧めです。ただしボディサイズに合うフィギュアヘッドを探すのが難しいです。もともと大きなフィギュアを探すか、ヘッドが大きめに作られるアニメ調のフィギュアを選択す...

中二病でも赤ドレス:小鳥遊六花

またまた六花さんです。今回発生した費用は0円です。「ほむら」を改造時、ついでに立花ヘッドも改造していました。改造といっても27cmオビツボディに装着できるように、首の穴を広げただけです。元のフィギュアから2倍近くの身長になりましたが、ヘッドが大きめのため、何とか違和感は少なくなっていると思います。21cmと27cmだと迫力が段違いです。本当は27cmでヘッドが頭身と合うと一番良いのですが、やっぱり...