二人で☆まどか:鹿目まどか

久しぶりの二人撮影です。今回発生した費用は0円です。二人撮影に挑戦してみましたが、結構難しいですね。二人だとライトの光が足りなかった感じがします。対象物が一つだとコンパクトデジカメでもピントを合わせることが出来るのですが、二つだと両方に合わせるのが困難です。やっぱり絞りなんかを調節できるカメラが欲しくなりますね。といいつつ、性能を十分に活用出来ていないだけの可能性は高いですが。奥のキャラクターが着...

アルティメット前☆まどか

なんか劇中で出てきた感じの衣装ですね。発生した費用は0円です。こちらの衣装自体は以前から活用していました。100円のドレスをハサミで切って、上部分だけ活用しています。そのため、写真を撮った後に気が付いたのですが、糸が少しほつれています。ほつれ止め液などを使った方がよいですね。後はスカートとヘッドドレスは既製品という組み合わせです。100円ドレスはスカート部分が野暮ったいので、飾り布を追加するなり、今回見...

学生服☆まどか:鹿目まどか

100円均一の学生服との組み合わせです。今回発生した費用は0円です。元々が学生という設定なので、学生服がよく似合いますね。ただ、劇中の服とは異なる点はご愛敬ですね。どうしても100円服だと、そのまま着せただけでは、野暮ったくなってしまうので、こちらもウエストに透明なゴムを使っています。女性らしさを出すには、ウエストを絞ってやるのがポイントですね。ただ、漫画的表現である「おっぱい袋」の再現は、ドールで...

浴衣☆まどか:鹿目まどか

というわけで、まずは浴衣姿からですね。今回発生した費用は0円です。いつもの通りの100円浴衣+500円扇子の組み合わせです。ボディは21cmオビツボディを活用しています。元のフィギュアの身長に一番近いタイプになります。髪型に十分表情があるので、色々なポーズが取ることのできるドールと非常に相性が良いですね。ただ、リボンがもう少しディテールが細かいと良かったかも知れません。最初の頃に比べれば、写真も大分マシに...

改造前フィギュア:鹿目まどか

ようやくあの有名作品を採用です。今回発生した費用は500円です。物事全ては流行に起伏があります。俗っぽくいうと、オワコンと言われる作品のフィギュアが狙い目です。中古ショップも回転が悪い商品は、値を下げてでも売る必要があります。なぜなら商品の代わり映えのしない中古ショップというのは魅力がないためです。やはり価格は需要と供給で決まるところがありますね。とはいえ、有名作品のフィギュアは大量に作られるので、...

ハサミとお花:長門 有希

写真の季節感が合っていませんね。今回の発生した費用は200円となります。アンティークのハサミはアイディア次第で色々活用できそうですね。造花とドールは非常に相性が良いので、うまく背景と合わせることができると良い感じですが、下に置いた紅葉は合わなかったかな。やっぱり季節感というのは大切ですね。話は変わりますが、フィギュアに穴をあけるドリルの刃先を新調しました。今までは六角ピットの「1.5㎜~6.0㎜」までのド...

扇子と手作り着物:長門 有希

洋風ドレスも良いけど、和風着物も良いと思うわけで。今回の発生した費用は500円となります。100均の浴衣とは異なり、手作り品になるため、布が分厚いです。それが質感を出している一方、着膨れの原因になっています。もちろん胸は一番小さいタイプのボディを使用しています。やっぱり浴衣は日本人体型に合わせてデザインされているのだと思います。キャラクターとのイメージはすごく合っていますね。ちなみに自分で作った服ではな...

水着姿:長門 有希

季節感に合わない水着姿です。今回の発生した費用は0円となります。他の服に着せ替えるために、脱がせていたら、案外これでも絵になったので、一枚パシャリ。キャラクター的には胸が無い方がらしく見えます。スカート等は、わざと折り曲げて躍動感を出しています。そろそろ新しい服が欲しいところなのですが、近場のダイソーだと、100均服のバリエーションが少なくて残念です。他のブログで紹介されているサンタ服なんか欲しいとこ...

改造後フィギュア紹介:長門 有希

お久しぶりの改造後のフィギュアとなります。今回の発生した費用は0円となります。今回のフィギュアを選んだ理由として、投げ売りされていたことに加え、メガネをかけているヘッドだったためです。メガネを装着しているだけで希少価値があるような気がします。髪の塗りが少し野暮ったいですが、顔立ちは許容範囲かと思います。毎回何枚か適当に撮影して、良い写真を選ぶのですが、今回の長門有希は、油断すると別の男キャラクター...

改造前フィギュア:長門 有希

という訳で、哲学にかまけてサボっていた改造をする前のフィギュアを紹介。今回発生した金額は380円です。ドール哲学のおかけでお金をかけずにブログを更新することに成功しましたが、お気づきのように、キャラクターが増えないためバリエーションが乏しくなっていました。実はこのフィギュア自体は、そに子と同時に購入していたのですが、未着手のままでした。なぜなら、見ての通り、改造が非常に困難に思われたためです。マフラ...