三人麻雀と四人麻雀の違い

ようやく麻雀格闘俱楽部で黄龍になりました。今回の主題は「三人麻雀と四人麻雀は全くの別ゲーム」です。三人で行う麻雀と、四人で行う麻雀では打ち方を変えています。普段は半荘メインなのですが、黄龍になるにはいずれかのモードで「三連勝」する必要があり、必然的に3人の内に1人一位になれる三人麻雀をしました。最初はあまり勝てませんでしたが、打ち方を変えることで対応することが出来ました。以下が違いです。三人麻雀:...

凝った衣装だと、なかなかポーズが自由出来ない。

どうも、この衣装はポージングが難しいです。今回の主題は「ポージングに差が出せない場合は、カメラやフォトレタッチで差を出そう」です。基本的にはドールの顔に影を出さないようにライティングをしています。影を出すと、はっきりと顔が見えないためですが、今回は敢えて影を出すようにスポットライトを集約してみました。影を出す、つまり光と影の差を強調することにより、立体感を出すことが出来ます。背景に関しては白飛びす...

お題用に撮影したけど、しっくりこない時。

個人的には、写真でお話が想起出来るようなものが作りたいかな。今回の主題は「お題に沿って撮影するのは難しい」です。Twitterのお題に対して、実はリアルタイムで撮影することは稀です。なかなか仕事が遅かったりすると、やっぱり過去の遺産で投稿する方が楽なのです。お題に対しては、特に堅く考える必要はありません。たとえ写真は違っていても、文字だけで対応するというのもありです。それでも、たまには練習用にお題に沿っ...

どのアングルが好み?

いつも三つのアングルで迷ってしまいます。今回の主題は「基本はハイアングル・正面・ローアングル」です。通常は1枚に絞るのですが、今回はどれも悪くない気がして、画像加工に掛ける時間を少なくして、3枚ともアップしてみました。個人的ではあるのですが、ドールがアップになる場合は、やっぱり絞り値を低くした方が良い気もします。ただボカシ加減って結構難しいところで、単純にボカシすぎるのも微妙なような気がします。ち...

写真を化粧すると、どうやら私は厚塗りしてしまうようです。

化粧って、いやはや加減が難しいものです。今回の主題は「撮影よりも意外に時間がかかるし、加減が難しいのが画像加工」です。必ず加える画像加工ですが、これまたセンスが必要な気がします。それは、まるで女性の化粧のようなものです。強くエフェクトを掛け過ぎるとケバくなりますし、だけど、クッキリした方が意外に好みな気もするわけです。特にPC画面の性能にも関わってきますから、なんとなく遠目で見て、良さそうかなと直感...

3,700円のドール服を高いとみるか、安いとみるか。

そろそろブログ名を変更した方が良いのかも知れません。今回の主題は「ドール服の造形に対して、どれだけ支払うことが出来るか」です。久しぶりに大須でドール服を購入しました。今回は結構手が出そうな服が多かったのですが、最終的に下記写真のものを選択。お馴染みの『ゆめみ亭』さんより、プーリップ製のドール服となります。低価格でドールを楽しむとか言いながら、この服も3,700円しています。さてさて、そろそろブログ名も...

失敗は成功のもと

月並みですが、失敗は成功のもとです。今回の主題は「成功するまで失敗を続けよう」です。刀を持たせての撮影はいつも苦労します。刀の刀身が長いため、なかなか写真に納まってくれません。全体像を写真に収めようとすると人物が小さくなりすぎる感じがするので、いっそのことバストアップにしてみたのですが、撮影した後に致命的な失敗に見つけました。それは背中のマジックテープが丸見えだったということです。撮影中は工夫しよ...

成功は次の失敗の始まり

やっぱり写真は毎回うまくいくわけではありません。今回の主題は「満足した写真の次は、必ず不満足な写真になる」です。創作活動というものは例外なく「自分の会心作の後は駄作」となります。この法則は私の経験則に基づきます。最高の作品が出来た後はそれを乗り越えるには相応の苦労が必要で、すぐには出来ないものです。小説を書いていたのですが、毎回良い評価を貰えるわけではありません。やっぱり「良い」と「悪い」を繰り返...

10,000訪問、ありがとうございました!

これを区切りに、このブログは何を目的としていくのか。今回の主題は「やっぱり続けることが最大の目的」です。訪問人数も一区切りついたところで、今後何を目指していくのかを少し考えてみたいと思います。そもそもの始まりは30歳になって、ドール素体を手に入れたことでした。それ以前にドールに触れたことは無かったのかと問われると、学生時代に「神戸三宮のボークス」に知らずに入った記憶はあります。その時の率直な感想は「...

記念日は自分で作ろう!

祝!10,000人。今回の主題は「ブログを続けてこれたのは、皆様のお陰」です。実際カウンターを設置したのはブログを始めてから、しばらくしてからのことなので、実際はすでに過ぎてはいるのでしょうが、確かに10,000人を刻んだ記念日とさせて頂きたいと思います。もし10,000人目になった人は良いことあるかも!ちなみにこのカウンターはユニークアクセスにしているので、ページ更新ではカウントされませんので悪しからず。飽きもせ...