背景とドールを馴染ませる調整をしてます。

ドール撮影はドールだけを撮影するにあらず。今回の主題は「背景とドールの割合を考えてみましょう」です。久しぶりの朝更新なので、手短に。初期の頃はドールばかりを撮影していました。ドールブログなので当然なのですが、そこには飽きが来てしまいます。そこで背景布を導入したわけですが、使い始めの場合はうまく使い切れていませんでした。背景布の前にドールを立たせているだけの絵になってしまっていました。最近は背景布と...

ぬいぐるみと一緒

100均一で見つけたぬいぐるみと撮影してみました。今回の主題は「キーホルダーサイズでも1/6サイズなら立派な小物」です。1/3サイズの苦労は、その大きさのようです。1/6ならば、その大きくもなく、小さくもないサイズ感のため、主にキーホルダー関連の小物が使えます。ただし食品サンプル的なものに関しては、少し大きすぎる感じになってしますのが残念です。ただ100均一のクマだけあって、ペディベアを比べてしまうのは酷とい...

Twitterとブログの違い

両方やってみて、違いが分かってきました。今回の主題は「Twitterは告知の場所で、ブログは個人日記」です。最近少しだけTwitterに触れてみました。今まではブログ更新の告知だけをアカウントに流していたのですが、他の方が投稿している「#深夜のドール撮影60分一本勝負」へ過去写真を投稿してみました。活発に投稿されているハッシュタグだけあり、閲覧者も多いので、広告場所としては十分魅力があります。ただしTwitterの性...

手作りポンチョの紹介

もちろん私が作ったわけではありませんが。今回の主題は「ドール服は作ると非常に安価に済む」です。妻に作ってもらった手作りポンチョの紹介です。毛糸だけで編んでいるので、非常に安価に作ることが出来ます。たぶん購入した場合は、800円程度するのではないでしょうか。毛糸だけで出来るわけですから、糸や布というものは不要というのは素晴らしい点ですね。あとは家にあった衣装と組み合わせてみましたが、いかがでしょうか。...

真・100均の世界

可能な限り、100均素材だけで撮影しました。今回の主題は「設置物にも高低差を」です。前回とは異なり、100均のみで背景を作ってみました。作り方は簡単で、同じく100均一の高さのあるもの(今回はダイソー製のアクセサリー置きを使用)を使って、造花を敷き詰めました。ちょうどパチンコ屋で開店時にある花のオブジェクト的な雰囲気ですね。そうすることにより、背景布を使わなくても花で敷き詰めることが出来ます。あとは、いつ...

この余りにも美しく、やりすぎちゃった世界

何事もやりすぎはいけません。今回の主題は「写真は撮影してから本番だ」です。ブログを見て頂いている方はお気づきかと思いますが、結構撮影後に写真に加工を加えています。一番気に入っているのは「色鉛筆化」です。三次元の表現を二次元に戻すことにより、簡単にイラスト化に変更することが出来ます。これを白黒にすれば「線画」になります。これ以外の一括変換だと「やりすぎ感」が出てしまいます。そのためエフェクトを部分的...

100均の世界を本気で撮影してみたよ。

ここまで来ると、生け花をしている感じがします。今回の主題は「空飛ぶドールを撮影しよう」です。ドール二体撮影の難しさは言わずもがなです。目線合わせやポージングなど考えることは多くなり、ドール一体撮影より難易度は単純に2倍以上になります。事実、一年間以上ブログで写真を撮影してきましたが、二体同時撮影は数えるほどしかしたことがありません。撮影の難易度もさることながら、二体のドールの世界観が合うことが少な...

ファーストバイト!!

結婚式の定番行事ですね。今回の主題は「私も大きいスプーンで食べさせられました」です。ウェディングケーキ入刀を先に再現すべきだった気もします。その場合はサイズ的には実物を使うと良いのかな。ただこの食品ミニチュアもいい感じに食べた後を再現しているので、それっぽく見えるかな。ちなみにスプーンは黒部ダムスプーンです。こちらのアイテムは意外に使いどころが多いですね。実際にコーヒー飲む時に使っていますから。そ...

思い出の品:テディベア

人生で一番高額なぬいぐるみです。今回の主題は「思い出の品は安価に済ますな」です。ふと他のブログを回っていたとき、「ドールとクマのぬいぐるみ」という題材で写真を撮られていたのを見て、真似てみました。実はこのぬいぐるみ、『本物』です。普段パチモノや100均が大好きな私ですが、これは新婚旅行のドイツ旅行で、本場のシュタイフ工場で入手したものです。ちゃんと偽物ではないタグもついています。大きさの割には高額...

あこがれの100均ウエディングドレス

やっぱりデザインに時間がかかりました。今回の主題は「当たり前ですが、ドレスデザインは難しい」です。そろそろ限界かも知れない100均シリーズ。エリーちゃんのドレス大活躍です。とはいえ、そろそろ31歳のおっさんのデザインセンスは限界を迎えようとしています。うーん、これ以上、なかなかアイディアが出てこないですね。ドール服を作成される方はすごいと思います。裁縫能力なんかよりもデザインセンスが問われるわけで、...