衣装を変えると違和感がある

とはいえ、着せ替えこそがドールの醍醐味というものです。今回の主題は「ガンガン衣装は交換していこう」です。以前は写真の度に衣装を交換していたと思います。それが交換しなくなった理由は、やはり高級ドレスの存在だと言えます。高級ドレスは高級がゆえに、常に飾っておきたくなるものです。安価な衣装の場合は試行錯誤して、良い服をコーディネートしたいと考えていました。ただ高級衣装の場合、単体だけで見ごたえがあるため...

化粧と分からないようにするのが、正しい化粧方法です。

こちらも薄っすらとチークを載せています。今回の主題は「まだまだ1/3ドールの動きはありません」です。とりあえずチークを載せているかどうか、分からないぐらいに薄くつけています。頬が赤い方が可愛く見えますよね。ただ、そろそろドレス姿のミクさんも飽きてきた感があります。特にツインテールにより首の可動が狭いため、なかなか奇抜な感じのポージングは難しい部分があります。ボチボチ新しいことへの挑戦をしていきたい...

アップ写真で化粧してみた。

少しでも生き生きしている感じになったかな?今回の主題は「ほっぺのチークはアニメ調が好み」です。イラストを描いていると、必ず入れてしまうのが頬のチークです。単純な「///」だけなのですが、それでも可愛く見えるのが不思議なわけです。それこそ今まで見てきたアニメ表現で、『恥ずかしい』などの『顔を赤らめる』表現が、そのように使われていたためだと思います。本当はフィギュアヘッドに化粧するのも一つですが、画像加...

写真はそのまま使うな!

久しぶりに気合を入れて、化粧してみました。今回の主題は「化粧は女を化けさせる」です。ドール撮影において、様々なテクニックが存在します。カメラアングルやライティングは勿論ですが、撮影後の画像加工も外すことの出来ない工程と言えます。「可愛いドール写真が撮れない」と最初の頃は誰しも苦悩するはずです。カメラの腕のせい、カメラ機材そのもののせいにするのは簡単です。しかしデジタルデータである以上、撮影後でも挽...

エア・アイドール

アイドールは皆様楽しかったでしょうか。今回の主題は「別に羨ましいわけではないんだからね」です。イベントというのは何かとお金がかかるものです。まずは交通費、次に入場料です。しかも結構人気なイベントのため、入場するにも長い行列を待つ必要があります。入場したとしても、そこは戦場と化しています。販売ブースの通路は歩くだけでも体力を奪われてしまいます。人の波を掻き分けるとは正しくこの事です。特に人気のあるブ...

顔のバランスは運次第?

フェイスアップを撮影すると、顔のバランスが見えてきます。今回の主題は「ほんの僅かな違和感が致命的になる」です。色々なミクヘッドを撮影してきましたが、なかなか「これだ」というのには当たりませんね。ミクの顔も一番多いのは、写真のようなタイプではないでしょうか。ただし、ふと撮影角度によってはミクダヨさんになりそうで、なかなか怖いものです。それを防ぐために、加工時には色々と盛りまくっています。フィギュアヘ...

体調不良により1週間寝ていました。

くれぐれも体調管理は怠らないように。今回の主題は「胃腸風邪はなかなか治らない」です。先週1週間はずっと布団の中で過ごしました。原因は胃腸風邪。トイレと寝床の往復は深夜に及び、その回数は数えきれません。勿論仕事も有給を取得していました。特別何か食中毒だというわけではないようですが、胃腸風邪は普通の風邪よりも性質が悪いです。熱と腹痛に加えてゲリ。今回幸い嘔吐は無かったのですが、それでもトイレに引きこも...

背景布を変えることでも面倒と感じる件について。

そろそろドールとしての魅力を忘れている気がします。今回の主題は「それでも外に行くよりは簡単」です。ドールスタジオなるものを使ってみたいと思いながらも、やはりドールスタジオが手短にあるわけではありません。秋葉原のドールスタジオは訪問こそしましたが、やっぱり1/3専用だったりします。やっぱり自由な背景で撮りたいというのがドールオーナーの性が言うものでしょう。ただドールスタジオセットを揃えるのは並大抵で...

写真趣味って意外にお金が掛からない?

一番成功した買い物は「一眼レフ」なのかも知れません。今回の主題は「毎日使うものは、少しぐらい高いものを購入しても良いかも」です。毎日使う一眼レフは、どケチな私に取っては、1/3ドール並みに高額な商品です。しかし毎日ドール撮影に使っているわけで、私の中ではかなり成功した買い物になったと言えます。まあ0円でブログを続けていけることが最もお得と言えるのですが、ブログだってやっぱり何か目的が無いと続けるこ...

同じドールを撮り続けるのも理由があります。

最近ミクさんばかりですが、決してドールを変えるのが面倒という意味ではありません。今回の主題は「1/3ドールの場合、同じドールを撮り続けることが出来るか」です。1/3ドールの場合、おいそれと追加でドールを増やすわけにはいきません。となると、やっぱり一体でどれぐらい長く撮影することが出来るかが問題となってきます。アップに引き気味、上から撮ったり、下から撮ったり。ポーズ一つでもどれぐらいの変化を持たせる...