今夜のお題「ドールのうで」

あれから、私は何か成長したのでしょうか。今回の主題は「4月は何かと変化のある時」です。3月最後の日のお題は「ドールのうで」でした。なかなかピンポイントな写真が無く、適当に投稿したのが以前に使ったものだったので、新たに撮影してみました。広い荒野で、一緒に腕を掴んで歩みだす一瞬をイメージしてみました。加工前と加工後だと大分違った印象を受けるのはいつものことですね。4月といえば、何かと変化のある時となり...

撮影ブース、晒します。

良い写真は良い環境から。今回の主題は「室内撮影は、カメラの腕よりもブース環境を整えよう」です。一回だけドールショップの撮影ブースを借りたことがありますが、上手に使うことは出来ませんでした。その理由は自分自身にあります。やっぱり撮影しているところを見られるのは恥ずかしいものです。自分の納得いくまで撮影を繰り返すことが出来ません。そしてブース環境です。専用のスポットライトがない以上、カメラの腕がモノを...

野外撮影に憧れて。

前に購入した背景布を使ってみました。今回の主題は「背景布を使えば、どこだって行ける」です。憧れの野外撮影風に撮影してみました。臆病な私は、その少しの勇気がないため、ただただ引きこもって撮影しています。だからこそ憧れる外の風景。その美しさを少しでも再現してみるように努力してみました。空に関しては、やっぱり夕焼けが一番好きです。あと、やっぱり最高なのは秋空ですね。空が高く、いわし雲が連なり、空全体で球...

Level up!?

無理な体制からの撮影だったので、すこしぶれていました。今回の主題は「ソフィーのアトリエ、面白いですよ」です。というわけで、ソフィーのアトリエはラスボス手前まで進めています。アトリエシリーズはラスボスを倒してからが本番というゲームではあるものの、うーん、やり込むかは微妙ですね。ただ、やっぱりサクサク進むテンポの良さは良いですね。採取・戦闘・調合が良いバランスでまとまっており、キャラクターのかわいさも...

デコレーション写真のススメ

言葉がなくてもドールは喋ります。今回の主題は「コンセプトを決めてデコってみよう」です。ちょっと早いけどクリスマスカード風にデコってみました。漫画やイラストの一カットを目指し、オブジェクトを配置しています。イラストカットの特徴は一つの写真で、その情景がありありと想起できるのが特徴です。スライムと壺を用いて、次にドールがどのように動くであろうかを想像しやすくしています。複数の写真を用いたり、言葉を付け...

ボーナス、何使う?

とりあえず今日がボーナス支給日でした。今回の主題は「年齢を重ねるほどに、欲しいものがなくなる」です。若いころは何かとしたいこと、欲しいものが多かったものです。裕福な家庭では無かったので、何かと欲しいものは買ってもらえませんでした。逆に子供の頃に内職の手伝いをして、1時間で最大300円しかならないことを知って、愕然としたものです。結局そんな小さい頃の記憶が、31歳になっても根っこの部分に残ってしまってい...

二次元VS三次元

ソフィーのアトリエ、ハマってます。今回の主題は「三次元も進化したと思いますが、やっぱり二次元派」です。ソフィーのアトリエは結構楽しいです。早送り戦闘と収集の気軽さによって、ついつい次に進めてしまう魅力があります。良い道具によって、さらに先へ進める快感は、昔ながらのJRPGを思い出します。レベル上げって今の時代古臭い感じですが、少しずつ前に進んでいく感覚は、やっぱり繰り返し作業すら楽しくさせてしまうので...

私の物欲③【PS4用のVRセット】

やっぱり注目しちゃいますよね。今回の主題は「理想のディスプレイって何だろう?」です。ついに発売した「PSVR」ですが、大方の予想通り品薄状態からのスタートですね。すぐに欲しいとは思わないものの、どんな感じなのかは気になるところです。形状からしても、まさに未来のツールですからね。「ソードアートオンライン」を連想したのは私だけではないはずです。ファミコンが発売されてからの現在までのゲームの進化は想像を超え...

私の物欲②【新作のタブレットPC】

それは必要ないのに欲しいもの。今回の主題は「日々進化するPCは新しいものが欲しい」です。新聞に挟まれている広告で好んで見るものは、「家電量販店のチラシ」です。ほとんど変化の無いラインナップであるのは分かってはいるのですが、ついつい目を通してしまいます。週末の大須巡りだって、ドールやアニメオタクショップを除けば、家電製品ショップを見ている私がいます。目当ては主にパソコン関連です。ゲーミングデスクトップ...

私の物欲①【1/3ドール】

新シリーズスタートです。今回の主題は「自分の欲しいものを書き出してみよう」です。私はお金に対して非常にドケチな性格なのは、「低価格でドールを楽しむ」という名のブログを運営している点からも察して頂けると思います。事実、私は欲しいと思うものをすぐに買うようなことはしません。値段と、その商品がお金を掛けるに値するものかどうかを吟味した上で、ウインドショッピングを楽しみ、挙句に安価なパチモノを購入して後悔...