一人と一匹で撮影

複数被写体への第一歩?今回の主題は「自分の趣味ぐらい自分で持ち続けよう」です。一年半以上も続いているドール趣味ですが、結構惰性で続けています。正直「趣味はドールです」と胸を張って言えるか自分自身が微妙に感じています。それでも一年半続けたブログと、時間のある時に撮影してきたドール写真は、他の人から見れば十分な趣味に見えるようです。なんとかく撮影ブースも揃えてしまった中で、自分自身が「ドールが趣味」と...

今夜のお題「そらす」

「そらす」って、なかなか難しかったので、撮りおろしで挑戦です。今回の主題は「動きを付けるのは難しい」です。なんとかして、キューベーさんを叩き潰す絵を撮影して見たかったのですが、やっぱり難しいですね。もっとスカートの動きやポーズを工夫するべきでした。とはいえ、小物オブジェクトが多くて、正直それどころでは無かったのが本音です。撮影角度なんかを迫力ある視点にした方が良かったかな。相も変わらず、画像加工を...

デジタル化された写真を、デジタル媒体で見るということ。

写真加工出来る世代において、偽物は本物となる。今回の主題は「あなたのメディア媒体の環境を見直してみよう」です。皆様は撮影した映像を何で確認しているでしょうか。また撮影された画像を何で鑑賞しているでしょうか。撮影後にカメラの液晶ですぐさま確認するのはデジタル世代としては当然の行為となりました。フィルム世代だと写真を現像するまで仕上がりを確認することは出来ませんでした。しかし今や液晶のついていないカメ...

モネの池(岐阜県関市)に行ってきました。

ちょっと興味があったので、ドライブがてら日帰りで行ってきました。今回の主題は「写真と現実は違う」です。「モネの池 岐阜」などで調べると、続々と出てくる写真たちに惹かれ、一体どんなものかと思い、一眼レフを片手に行ってきました。高速を降りて、山道を走ること約30分。一見すると何もないところに、なんと人だかりが出来ていました。バス旅行の団体なのか、多い時は池の周りを取り囲むほど人がいました。さすがに有名...

写真加工って、どう思いますか?

実は改造待ちのフィギュアって結構あったりします。今回の主題は「可愛く撮影するのも技術なら、可愛く加工するのも技術」です。カメラを通してみる景色と自分の眼で見る風景は、必ずしも同じである必要は写真にはありません。そもそも写真は何気ない日常をドラマチックに撮影したり、風景をより美しく見せるために撮影するものです。自分で見る視点だけでは見いだせない景色を見せてくれるからこそ、写真は人々を引き寄せるのだと...

実際「女子会」ってどんな感じなのかな?

言葉の響きだけでイメージ先行することってありますよね。今回の主題は「女子とつけば何でも正義になる」です。久しぶりに小物を使った撮影です。案外使いにくいのが『ミニチュア食器』です。その精巧さについ集めてしまいがちですが、問題は使えるシチュエーションが少ないことが挙げられます。「座ってカップをつかむ」などのポーズが限定されてしまい、結構汎用性が低いので、ドール写真では正直お勧め出来ません。いくつか持っ...

何かに熱狂的になることを恐れるな!

どれぐらい趣味に熱狂的になれますか?今回の主題は「バカになれるほど、趣味は楽しいもの」です。かれこれ一年半ぐらいドールブログを続けてきたわけですが、実は熱狂的なわけではありません。惰性で続けているというわけでもありません。今やある種の義務感によって続けている部分があります。それは「趣味を持ち続けるため」に、わざと続けています。30歳を超えると、なかなか「やりたいこと」が少なくなってしまいます。何に...

美少女は魔法少女へ、そして空戦幼女へ…。

いったい萌えはどこへ向かうのか。今回の主題は「私のストライクゾーンは低め」です。今季見ているアニメで「幼女戦記」を挙げる人は多いのではないでしょうか。見た目と性格の古典的なギャップ萌え的で、非常に分かりやすい萌え要素だったりするわけですが、題名そのものに「幼女」を入れるという所はやはり斬新だと思うわけです。一体萌えはどこへ向かっていくのか、これからも注目です。それにしても「女性に男性的なものを組み...

たまにはドールから見下ろされてみよう!

基本的に私たちはドールを見下ろした視点で見ています。今回の主題は「同じポーズでも撮影角度で表情が全く異なる」です。ドールを手元で扱う場合、私たちはドールを見下ろした状態で観察しています。基本的には胸元で作業するので至極当然です。意図的に見る角度を変えない限り、ドールから見下ろされることはありません(パンツの状態確認する時を除いて、ですが)。撮影時も無意識に見下ろす角度やドール目線が多くなりがちです...

あなたならどう撮影する?

躍動感を出すにはバストアップがお勧めです。今回の主題は「あえて全体像を映さないのも一つの方法」です。下記の写真から、あなたならどう撮影しますか?躍動感を出すために、マミさんの特徴である銃を大きく広げたポージングをしてみました。そのため全体像を映す場合は、どうしても引き気味のアングルとなります。これはこれで有りなのですが、そうすると少し迫力に欠けるイラストとなってしまいます。ドール衣装の全体を見せた...