久しぶりのアゾンっ子です

出現率的にはかなり珍しい子です。今回の主題は「アゾンっ子は絶妙な顔のパーツバランスで出来ている」です。「たまには違う子を」と思いアゾンっ子を出してみました。とはいえ、自分でデカールアイを貼った子なので、微妙なのは仕方無いところです。いつものフィギュアヘッドとは異なるので、ちょっと上手く撮影出来なかった感じがしますね。ボディが大きすぎるのも一つあるかも知れませんが。残念ながら土曜日も仕事なので、今日...

背景布は濃くしよう。

そろそろ背景布も替え時かな。今回の主題は「濃くするとリアル感が出るのが背景布」です。アゾンっ子が気になるので、なぜか出番が多くなっている気がします。うーん、相関関係があるのかな。真っ黒な感じの衣装ですが、比較的気に入っています。ドール服ってつい豪華な感じにしたいところですが、こういったシンプルな感じも良いですね。黒で統一しているからこそ、白のタイツが違和感なく使えています。それにしても、最近はドー...

アゾンのノワ様に対抗してみましたよ。

アゾンの写真は、特別可愛く映るようにしている気がします。今回の主題は「可愛いと思うものを目指せ」です。アゾンのドールアイのキャラクターである「ノワ」が気になるこの頃です。オフィシャルサイトではかなり可愛く撮影されていると思います。やっぱり1/3への憧れと同時に1/6サイズの劣等感があるのは否定できないところです。だけど、そこで負けてはいけません。1/6だって、工夫次第で1/3のように撮影出来ないも...

「暗い」という美しさ

ほとんどが「明るめ」の調整をしています、が・・・。今回の主題は「光の強弱により生まれる遠近感」です。パソコン画像の加工で、部分加工を施しているのは今まで紹介している通りです。写真全体のコントラストや明るさを変えるソフトは比較的多いと思いますが、部分的に変更できるソフトがお勧めです。基本的には明るめに調整することが多いのですが、今回は空間の広がりを出したかったので、あえて暗めの調整をしてみました。全...

PSプラス版「ソフィーのアトリエ」

たまに好みのソフトがラインナップされますよね。今回の主題は「必要な時だけ定額サービスは利用しよう」です。個人的なことですが、定額サービスってあまり好きではありません。購入するなら、その時に一括で支払ってしまいたい性質です。なぜかと言うと、結局加入したところで使わなかったりするからです。事実PSプラスだって最近全く活用していませんでした。オンラインゲームをするならば加入必須ですが、私の場合はオフライン...

写真で躍動感を出そう!

今にも動き出しそうな写真を撮影するには?今回の主題は「躍動感とは重力に逆らうことと見たり」です。ドールを撮影し続けると、いつかぶち当たるスランプがあります。「何枚撮影しても、どこかで見たことのある写真になってしまう」そんなことを思ったことはありませんか。いくらポーズや角度を工夫しても、何千枚も撮影していると、どうしても種類が偏ってきてしまうのです。どうしても可愛いと思う角度やポーズは限られてしまう...

造花以外の背景小物

名称が分かりませんが、花以外のオブジェクトを使ってみました。今回の主題は「これからの時期、小物の品揃えに注目」です。100均ショップ、皆様も活用されていますよね。これからクリスマス・正月とイベントが続く中、100均グッツも目まぐるしく変わります。季節ものは、その時しか入手できないので、見つけたら購入していきましょう。ただ季節が終わると保管スペースを取りがちなので、素直に「季節もの」として捨ててしまうこと...

髪を切ってみた

かなり昔のヘッドです。今回の主題は「ヘッドの数が多いのは1/6だから?」です。気軽に増やすことが出来るのが1/6サイズの魅力です。その反面私の部屋には生首がゴロゴロしています。最初こそ珍しさから使うのですが、飽きてきてしまうと、箱に片づけてしまい、そのままになってしまいます。勿論必死に作ったデカールアイっ子も例外ではありません。髪が長いので、すぐにボサボサとなってしまい、数回使っただけでした。「ど...

ドールを座らせたけど、あまり変わらなかった件について

座らせてみたけど、そんなに変わりない感じかな。今回の主題は「ドールって座らせるのが難しいですよね」です。一応椅子に座らせてみたのですが、前にアップした写真とそこまで変わらないことに気が付きました。フリル服だと、体のラインが出ないので違いが難しいですね。もう少しちょこんとした感じが出せれば良いと思ったのですが、少し失敗した感じです。うーん、そろそろ違うネタを探さないと、なんだか写真がマンネリ化してし...

やっぱり私はドール扱いに向いてないかも。

触れば触るほど崩れていくドールヘア。今回の主題は「ドールヘアの扱いに気を付けて」です。普段フィギュアヘッドに慣れている私にとって、ドールヘアは本当に難しく感じます。触れば触るほどボサボサになっていくのを愕然と見ていく他しかないのです。ドールは優しく扱う必要があります。しかし「ブンドド」してしまう私にとって、ガシガシ動かしてなんぼだと思うわけです。ボークスボディが更なる拍車を掛けてきます。ただしヘッ...